-- CONCEPT --

生産者の思いをあなたに伝えたい
あなたの言葉を生産者に伝えたい
生産者とあなたをつなぎたい
 

人と人が繋がるカフェ

 

おいしいカフェメニューで過ごす、穏やかなひととき。
POSSOに流れるその時間は、様々な人のつながりによって築かれています。

その軸にあるのは、東北に根を張り、想いをもって暮らす人々。

東北人によって丁寧に育てられた食物、守られてきた伝統文化など、
生産者としての役割を担う東北人を中心に、
POSSOでたくさんのご縁が生まれています。

POSSOのこだわり

“おいしい東北を届ける”

 
おいしい食べ物たちは、わたしたちを幸せにしてくれます。
東北には、そんな「おいしい」が溢れています。

POSSOでは、ドリンクメニューやフードメニューにこだわって
東北のおいしさをご提供しています。

“生産者の思いを伝える”

 

私たちがこだわっているのは、
モノやコトを作り出している生産者の声を聞くこと。

何かを世に生み出すとき、
生産者たちは何を考え、何を伝えようとしているのか。

しっかりと耳を傾けて、世界中に伝えていきます。

“東北から繋がる、広がる”

 

これまで、”東北”をキーワードに様々なご縁が生まれてきました。

POSSOが誕生した北千住はもちろん、
そのご縁は日本中に生まれ、今では世界に広がっています。

そんな不思議な繋がりのなかで生まれた
POSSOの雰囲気を、ぜひ体感してみてください。

オーナーの思い

東日本大震災を契機に、東北食材や食文化を広めようと
「東北うまいもの酒場プエドバル」を北千住に2015年にOPENしました。

また縁があって2018年から、東南アジアにあるラオスの障がい作業所で、
日本の伝統文化である「てまり」を作ることになりました。

全く違う離れた地域ですが、東北人とラオス人は歴史的背景からなのか寡黙で、
穏やかな雰囲気がとてもよく似ています。

コーヒーでラオスという国を知ってほしい。
また、東北をもっと知ってほしい。

北千住×ラオス×東北が繋がるカフェPOSSO。

 
ぜひ足を運んでいただければと思います!

1日店長制度などもあり、あなた自身がPOSSOで「誰かと繋がる」経験ができるかもしれません。

POSSOで今日からはじめてみませんか。

 

 

株式会社CAN

代表取締役 植村昭雄

POSSOで “できる” こと

“1日店長体験”

 

POSSOの設備をそのまま使って、1日店長になりませんか。

親しい人を呼ぶもよし、見知らぬ人と繋がるもよし。

お気軽にお店にお問い合わせください。

“イベントスペース”

 

イベントスペースとしてご使用いただけます。

アートや写真作品などを飾って個展を開いたり、

日本酒をふるまってみたり、自慢のお料理をつくったり。

店舗にお問い合わせの上、ぜひご利用ください。

“人とつながる”

 

カフェスタッフ、生産者、インターネット番組の出演者や編集者。

POSSOの周りには様々な人が溢れ、

日々新しいご縁が生まれています。